金沢駅から車で15分ほど。

大野町という町をご存知でしょうか?


昔は醤油の製造元がたくさんあったという

金沢港に面した町です。
今は醤油製造元は少なくなり、

おしゃれなカフェやお店があります。


そんな大野町の、醤油製造元の蔵を借りて作陶をされている

「たくまぽたり」さんを訪ねました。

 

たくまポタリー


天井がとっても高い古い建物の中で

静かに一人で作陶されていました。


優しい朗らかな温かいお人柄が

そのまま作品にあらわれていて、

どの作品も手に取ったら、

すぐに連れて帰りたくなってしまします。


こんな素敵な器を作られるたくまぽたりさん。

 

宅間祐子 たくまポタリ

 

とても忙しくてなかなか注文に追いつかないとのことで、

今回は少しだけ素敵な器を分けていただきました!

 

 

 

 

陶和オンラインショップ

金沢といえば

“九谷焼“

というイメージが強いですね。

今回は第一弾 「ななかまど」さんへ訪問のお話です。

 

 

金沢はアートの盛んなところで、

作家さんにとっても活動しやすい場所だそうです。
市をあげて作家さんを育成したり、

応援したりしているんですね。


そんな金沢で今回訪れたのは「ななかまど」さん。
金沢市内から、車で30分ほど。

 

山間の急に細くなって、車通れる??と

不安になりながら坂道を登ったところにありました。


2階には大きなギャラリーがあり、

ワクワクする作品がたくさん!

 


こちらはご夫婦で作品作りをされています。


九谷陶苑で修行をされた作家さんが、

自由に楽しく絵付けをされています。


その色合いやタッチが可愛くて、

思わず手に取ってしまいます。

 

同じ絵柄でも一つ一つ手描きのため、

全く同じものはありません。

それが楽しい!


和食はもちろん、洋食も楽しい食卓にしてくれそうな器たちです。
土鍋もたくさんあって冬の季節になれば揃えたくなりますね。

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

信楽の廣川みのりさんと息子さんの温さんの個展に行ってまいりました。廣川みのり 廣川温

お二人は親子なのに作風は全く違う。

お母さまのみのりさんは、自由で楽しい作品がいっぱい!遊び心いっぱいの絵付けが

楽しい器です。フリーハンドで描かれていて、どんどんイメージがわいてくるそう。。

なんて素晴らしい!と感激いたしました。

次回、信楽の工房にお邪魔することをお約束して帰ってきました。

 

 

陶和オンラインショップ


オンラインショップ うつわギャラリー陶和(とわ)

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 山本たろうさんの陶展に行ってきました
    Junko Ueda

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

上部へ戻る