陶和ショップサイトのこと 実店舗について 入荷のお知らせ 作家さん訪問 個展・イベント等 お知らせ ごあいさつ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

少し前になりますが、昨年12月に信楽の堂本陶工房の

堂本正樹さんの工房を訪ねてきました。

 

普段はなかなかお聞きすることができないことも、

また、堂本さんの土との出会い、

そして、古谷さんとの運命的な出会いについても

お聞きすることができました。

 

 

モノづくりを行っている現場!ということを、肌で感じることができた工房。

 

    3.型2.jpg

 

 

様々な道具、土の香り、堂本さんが大切になさっている

化粧土や釉薬が入ったバケツ。。

 

    1.工房内5.jpg

 

土が飛び散った床や壁、ろくろ、乾燥中のうつわの棚、棚。。。

圧巻の工房でした。

 

    1.工房内4.jpg

 

 

お忙しい中、1時間近くもお話にお付き合いいただきました。

 

たくさんのファンがおられる堂本さんのうつわが、

こうして、ここで生まれているのかと思うと、

感慨深く、アッという間に時間が過ぎた訪問でした。

 

助手の方にも、とても優しく話しかけられる堂本さん。

優しいお人柄が、うつわにも表れていますね。

 

 

以下、堂本さんとの会話です。

 

お忙しい中、お付き合いいただきました堂本さんに感謝です。

ありがとうございました。

 

  ❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁

 

店主  :うつわづくりを始められたきっかけを教えてください。

     大学では、美術を学ばれていたと聞きましたが・・

堂本さん:はい。大学時代には絵を描いていました。

     卒業後のことを考えたとき、ずっと絵を描いていくのも

     将来性を考えると、大変かと思っていました。。


     大学3年の夏に、モノづくりの盛んな信楽に行ってみました。

     昔から、造形やモノづくりが好きだったんです。

 

     フラッと入った信楽駅近くの食事処で

     古谷製陶所を紹介してもらうことができ、

     そのまま夏休みの間、3週間ほど古谷製陶所で

     アルバイトをさせてもらうことになったんです。

 

     そして、大学卒業後に信楽に戻り、正式に就職することに

     なりました。

 

     古谷製陶所には、当時も、そして、今も若い人が多く、

     その中で切磋琢磨できる環境でした。     

 

 

店主  :土との出会いはいつでしょう?

堂本さん:古谷製陶所に入ったときに、初めて土を触ったんです。

     古谷さんのところでは、土の練り方から始まり、

     一から学習しました。

     最初の3年間は、ずっと化粧掛だけをしていました。

     朝から晩まで、化粧の掛具合、化粧の厚さなどを

     とことん学びました。

 

     そして、夜には窯業所に通い、ろくろを学びました。

 

 

     いまだに、化粧掛の時に割れてしまうこともありますよ。

     乾燥のタイミングのみが難しいのです。

 

     2.行程4.jpg

     

    

 

     

店主  :化粧土の魅力は?

堂本さん:化粧土の魅力は古谷さんのところで学びました。

     メインの粉引の他に、緑青・黒・紫を主に作っています。

     どんどん増えていってますね。

 

 

店主  :一年に何回位、イベントに参加しておられますか?

堂本さん:年に12回くらいかな。平均して月に1回参加しています。

  その中で一番大きなものは、毎年2月に行われる

  東京ドームのテーブルウェアです。

  イベントの時は開催期間中、ずっと常駐しています。

 

 

店主  :では、イベントと作陶でいっぱいいっぱいですね。。

堂本さん:はい、でも今年からは、もっと計画を立てながら、納品を予定通り

     こなしていきたいと思います。

 

 

店主  :では助手の方を増やしていこうと・・?

堂本さん:いえ、それは考えていません。

 

     奥さんにもゴールデンウィークの信楽のイベント時以外は

     手伝ってもらってはいないのです。

     自分が好きでやっているので、楽しみながらやっています。

 

 

店主  :助手の方は何人おられるのでしょうか?

堂本さん:助手は1人のみです。

     陶芸を学び始めたばかりの方なので、

     たたら生成機で土を伸ばしてもらったり、

     型にはめてもらったりしています。

 

     作品作りで重要なところや、最後のポイントは自分で行います。

     

 

     2.行程1.jpg

 

 

店主  :ろくろよりも、型にはめて作るうつわが多いですか?

     ろくろは1台のみでしょうか?

堂本さん:はい。1人なので、ろくろは1台で十分です。

 

     ろくろは、主にカップを作るときに使います。

     

     1.工房内1.jpg

     

     

     今は、石膏型にはめて作るものが多いです。 

    

     2.行程3.jpg

     

     型によって切れやすいものがあり、相当苦労しています。

 

 

店主  :窯はいくつあるのでしょうか?

堂本さん:窯は電気窯が2台あります。

     窯詰も釉掛けも1人で行います。酸化焼成のみを行っており、

     還元焼成は行いません。

 

     1.工房内6.jpg

 

 

店主  :うつわのデザインやイメージは、どのようにして生まれるのですか?

堂本さん:普段の作陶の中で、ふっと思いついて、作ってみたりしています。

     個展の時には、新しいものを出すようにしています。

 

     今回、思いついて、できたのはスリップウェア。

     緑青に、黒の顔料の泥が反応して、色が変わる面白さに魅せられています。 

 

     4.試作品1.jpg

     4.試作品2.jpg

 

 

店主  :土はどこの土を使われているでしょう?

堂本さん:すべて信楽の土を使っています。

 

 

店主  :作品によって、土を変えたりされていますか?

堂本さん:釉薬の種類が増え、それに対応するため

     赤土と白土を使い分けて使用しています。

 

     釉薬の種類によっては、白土のほうが安定しますね。

     

 

店主  :今まで作ってきた中で一番気に入っておられるものはありますか?

堂本さん:う〜〜ん。。どれもいいけれど、形が面白いコンポートは好きですね。

 

     

 

  ❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

信楽 文五郎窯の奥田章さんのもとへ。。。

 

突然の訪問にも、お時間をとってくださりお話しをさせていただきました♪

 

 

文五郎窯

 

 

 

オシャレなギャラリーで奥田さんのうつわを

見せていただき、溜息がでるほど美しいうつわに感激。

 

okudaakira22.jpg

 

okudaakira19.jpg

 

 

うつわ作りに対する奥田さんの熱い気持ちについても

お話しをお聞きすることができました。

使う人の立場にたって、

使いやすいものを、大量生産にならないよう、

良いものを作り続けたいという強い気持ちを持っておられることに

感激しました。

 

本当に幸せなひと時でした。

 

奥田章さん

 

文五郎窯 陶房

 

 

陶和とも、今後お付き合いさせていただくことになりました!!

 

納品いただくのは、しばらく先になりそうですが

楽しみに楽しみに待っています♪♪

 

奥田さんどうもありがとうございました♪

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

今年の秋は、いろいろなことが次々と起こり

本当に哀しいことも、嬉しいことも一度にやってきた

忙しい秋でした。

 

今になって、秋が深まっていることに気付き(汗)

急いで、秋を探しに出かけたりしています。

家の周りを散歩しているだけでも楽しい秋です♪

 

 

先週末、秋の信楽に行ってきました。

木々の紅葉も美しく、約1時間半の気持ちの良いドライブ♪

 

ずっとずっと行きたかった村上直子さんの

『器のしごと』ショップにお伺いすることができました。

 

NM092-02.jpg

 

お時間のある日曜のみ開けられているショップ。

村上さんのセンスの良さが光るおしゃれな空間♪

 

ついつい長居してしまい、2時間近くも・・

たくさんの村上さんのうつわに囲まれて幸せいっぱいでした。

 

村上さんと白井さん長い間お付き合いいただき

ありがとうございました♪

 

NM092-05.jpg

 

たくさんたくさんのうつわを連れて帰ってきました♪

 

 

NM092-01.jpg

 

 

レアなものや初めてお迎えしたものもたくさんございます♪

 

NM092-07.jpg

 

 

ウェブショップには今週末に、あげさせていただきたいと

思います。

11/27(水曜)は実店舗で手に取って見ていただけます。

お時間がございましたら、是非お越しくださいね。

 

 

また、村上さんと白井隆二さんとたくさんお話しできたことも

後日、まとめてブログに書かせていただきたいと思っています。

 

 

 

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

先週末、あたたかい春の日差しが気持ちの良い

京都に行ってきました。

 

 

目的は・・・

京都陶磁器会館で開催されている

山本たろうさんの陶展!!

 

 

山本さんは京都の宇治市で窯を構え、作陶されている

若手作家さんです。

 

優しいラインのうつわ。

優しいトルコ釉薬のうつわ。

優しい鎬(しのぎ)のうつわ。。。

 

山本さんのうつわはどれも優しいのです。

 

お話していても、山本さんのとても優しいお人柄が

伝わってきました。

 

山本たろう

 

近いうちに、陶和に仲間入りする予定です。

楽しみに、首を長ーくしてお待ちしています。

 

お忙しい中、お時間をとってくださり

ありがとうございました。

 

3月28日まで開催されています。

もしお時間があれば、是非・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

 

2月末だというのに、コートも要らないくらい

暖かい一日でした。

 

鈴木さんの工房を後にし

次は、古谷浩一さんの古谷製陶所に。

 

ギャラリーには、新しい作品もあり

優しい粉引きの色に焼きあがった

うつわが並んでいます。

 

いろいろと、迷い迷いながら、

うつわを選ばせていただき

その後、奥の工房へ。。

 

大きな窯がいくつもあり、

焼きあがったうつわの手入れをされている方、

釉掛けをされている方。。

皆、お忙しいそうですが、手を止めてご挨拶してくださいます。

 

古谷製陶所

 

 

最後に、堂本正樹さんの陶房へ。

分かり辛い道。

やはり、道に迷って、くるくると回ってしまい

やっと、たどり着きました。

 

いつも忙しそうで、

追いついてないんですよ〜〜!!と

おっしゃる堂本さん。

 

そんな堂本さんから、無理やり(?)いくつかの

うつわを分けていただき、連れて帰ってきました♪

 

堂本正樹

 

工房の中は、ろくろで作成中のものから

型にはめているもの、

乾燥中のもの

釉掛け準備をしているものなど、と

張り詰めた空気でした!

 

 

そんな中で、このあたたかいうつわが

うまれていることに、感激しながら

信楽を後にし、帰路につきました♪

 

夕焼けがきれいな夕方でした♪

 

お忙しい中、お時間をとってくださった

作家さんたち、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通

先日、信楽の作家さんを訪ねてきました。

久々の作家さん訪問、少しドキドキしながらの楽しい目覚め♪

 

思ったより暖かい朝。

信楽ICを通り過ぎ、甲南インターで新名神高速を降りて

べんべん窯の岡崎勉さんのところに。。

 

約半年前にもお邪魔しましたが

やはり、勉さんは、変わらず優しくて、

たくさん焼きあがったうつわの中から、

いろいろなものを選ばせていただきました!

 

べんべん窯

 

 

 

勉さんのうつわは、使い易い!と

皆さんおっしゃいます。

私もファンの一人。

何を盛り付けても、しっくりとお料理を引き立ててくれます。

毎日のように食卓に登場するうつわ達です。

 

 

 

そして、今回、初めて訪れた信楽の中郷窯の鈴木正彦さん。

おっとり、ゆっくりお話しされる鈴木正彦さんは

お兄様の工友さんと二人で、信楽に窯をもたれています。

 

車の道が分かりつらいから、と

近くまで迎えに来てくださり、

大きな工房に伺いました。

 

鈴木正彦さんのうつわは、化粧土を用いたマットな

モノトーンのうつわが多く、形もおしゃれで、とても使い易そうです。

 

料理店やレストランからのオーダーが多いとのこと。

陶和も、いくつかのうつわの作成をお願いしました。

 

出来上がりまで、待てない!!ということで

少しだけ、分けていただき、連れて帰ってきました!!

温かみのある素敵なうつわです!

見とれてしまっています💛

 

鈴木正彦

 

もうすぐウェブショップにもアップしますので

どうぞお楽しみに。。。♪

 

そして、5月には新しい鈴木さんのうつわも

入ります!楽しみ・・♪♪

 

 

 

 

 

 

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

今日は秋の青空が広がり、気持ちの良いお天気♪

朝から京都に出かけました。

 

午前中は紅葉狩りへ。

 

嵐山から歩き、竹林の径を抜けて

厭離庵(えんりあん)へ。

 

紅葉のシーズンの1か月間のみ

拝観できるとのこと。

ベストな時期は過ぎてしまっていましたが

まだまだ綺麗でした!

平日のためか、人も多くなく、ゆっくりと

楽しむことができました!

 

紅葉のじゅうたんにハラハラと真っ赤なもみじの葉が

落ちていく姿は、ため息が出るほどの

美しさでした。

 

 

 

近くの宝筐院(ほうきょういん)にも足を伸ばし

苔のある庭の紅葉に

また違った美しさに感激♪

 

 

 

そして、右京区で作陶されている

前田麻美さんの工房へ。。

 

ご自宅兼工房にお邪魔し

美味しいお菓子を頂きながら、

楽しいお話し。

そして、工房見学をさせていただき、

楽しいひと時を過ごさせていただきました!

 

 

前田さんの、繊細なイッチンの

うつわが大好きなのですが、

基本となる型も見せて頂くことが

できました。

 

ろくろや手で成形した土を

この型に置いて、基本の形を作られているのですね。

 

 

 

新しいシリーズも見せて頂き

ちゃっかり、発注もお願いして

帰路につきました。

 

年末までには新しい

前田さんの作品に出会えると思うと

今から楽しみ♪

 

前田さん焼成前のお忙しいときに

お時間をいただき有難うございました!

 

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

11月2日から11月6日まで開催されていた栃木県益子の

益子秋の陶器市に行ってきました。

 

今回は第100回記念!ということで

益子の町は大賑わいでした!

 

 

出発は11月5日(日)の朝一。

飛行機で東京へ。羽田空港からレンタカーで益子へ

約2時間半のドライブ♪♪

 

アメリカのトランプ大統領の来日と

ちょうど重なってしまったので、

交通規制に巻き込まれたら・・・

と不安でしたが、

あちこちに武装した警察官を見ながらも

スイスイと高速へ。

 

予定通り、お昼に益子に到着しました!

 

メイン通りを挟んで、沢山の作家さんのテントが・・!

はやる気持ちを抑えながら、各テントを周りました。

 

 

事前にお約束していた作家さんとの

お話しもでき、実り多~い2日間でした。

 

最終日の2日前ということもあり

人出も落ち着いてきていたため

ゆっくりと、残っているうつわを手に取り

作家さんとも、たくさんお話しすることが

できたのが、何よりもうれしかったです!!

 

お天気にも最高に恵まれ、

美味しい益子のお料理もいただけて

最高に幸せな2日間でした!!

 

また、連れて帰ってきたうつわたちを

少しずつショップにアップしていきますので

見に来てくださいね♪♪

 

お相手してくださった作家さんたち、

どうも有難うございました!

 

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

 

 

曇り空。。。

雨雲の行方を気にしながらの出発。

何とか雨に会うことなく、10時半ごろ常滑に到着。

 

 

 

メイン会場であるボートレースとこなめ会場へ。

沢山のお店が・・

わくわく♪

 

お付き合いいただいている作家さんにも

ご挨拶でき、

また、

新たにお付き合いできることになった作家さんにも

ご挨拶できました。

 

実り多い常滑訪問となりました。

 

 

 

 

帰りにやきもの散歩道の古民家カフェで一息♪

 

楽しい美味しい一日でした!!

 

常滑でお世話になった作家さん

どうも有難うございました!!

 

 

 

 

陶和オンラインショップ

JUGEMテーマ:和食器通販

 

福井県越前の花虎窯 武曽健一さんを訪ねました。

備前の町から車で30分ほど。

 

どんどん山の中に入っていき、大丈夫かな・・?

と少し不安になりかけたころ

武曽さんの陶房に到着しました。

 

空気が本当に美味しい!

周りの木々の緑が美しい、田んぼがいっぱい!

とマイナスイオンたっぷりのところです。

 

古民家を改装して

住まわれている陶房兼ご自宅。

 

武曽健一

 

 

 

武曽さんの作品は独特で、

この優しい色合いがどうやってできるのか、、と、

うっとりするほどきれいな色の作品です。

 

印花という技法で、

薄く作られた作品の焼成前の段階で

ハンコを押されて表面に模様ができます。

 

これが器のシャープなラインと相まって

優しい温かい作品になっています。

 

超多忙な作家さんで、

なかなか作品を手に入れることができない方ですが、

少しだけお分けいただくことができました。

 

お買い物も大変ですね・・?

とおお尋ねしたところ、

自宅前の畑でお野菜を作っているんですよ。

という以外なお答え。。

 

作陶に没頭されていると、

ふっと息抜きするそんな時間が大切なんだそうです。

 

正直、花虎窯という少し怖い?

印象のお名前の窯元さんを訪ねるのに、

最初は少しドキドキしていたのですが、

武曽さんは本当にい穏やかで優しい紳士!でした。

 

武曽さんお忙しい中

お時間をとっていただき有難うございました。

 

陶和オンラインショップ


オンラインショップ うつわギャラリー陶和(とわ)

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 山本たろうさんの陶展に行ってきました
    Junko Ueda

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

上部へ戻る